投資

断る力

  • POST
こんにちは、マイクロビジネス研究家の田中です。 前回の記事で、発信力を強化することにより見込みの顧客を増やすことを記述しました。 マネータライズについて 見込み顧客が増えたあとは、条件の悪い顧客については仕事を受けないことが大切です。条件の良い顧客を増やすことにより単位時間での収入を増やすことができます。 断ることが収入を増やすことにつながるのか? 断るということは、それより良い条件の仕事があることを意味しています。 断ることが増えれば増えるほど収益が増えます。 例えば、野球選手でいえばより多くの球団からオファーがある場合でも、1球団からのオファーしか受けることができません。 あなたにとって一番条件が良いオファーを受けて、残りのオファーは断ることになります。 断るということは自分の限られた時間を使うオファーを選ぶということです。 時間は限られているので売れるものも限られてます。 断らないとどうなるか? 仕事を断らない場合は、悪いオファーも良いオファーも平等に受けてしまうということになります。 確かに条件が悪い場合でも、将来の役立つ技術を使っているなどの理由で受けることは良いと思いますが、理由がなく受ける将来良いオファーを受ける余裕も無くしてしまいます。 それだけではなく良いオファーの成果の質も下げてしまう可能性もあります。 仕事は溢れてしまってから自分の価値をあげることができます。 上記のような理由で、積極的に断ったほうが良いのです。 正しい断り方 私が使うのであれば、正直に下記のように伝えます。 これ以上仕事を受けてしまうと、成果物の質が下がってしまう可能性があります。そのような理由で、今は残念ですが、この仕事を受けることができません。 “今は”ということが重要です。理由は常に条件の良い案件からこなして行くためです。なので、将来は他の案件より条件がよければ受ける可能性があります。 高収入の人は、自分のこなせる案件の数倍のオファーが常にあり有利なオファーを選んでいます。 選んでいるために、時間と収入をどちらも得ることができます。 究極の形 あなたにとって条件の良い顧客とは、あなたの性格を理解してあなたの能力を信頼して、それに見合った報酬をくれます。究極的に言えば、あなたのファンです。 ファンを増やすことができれば、あなたにとって有利な条件での取引をしてくれます。

良い顧客を見つける方法

  • POST
こんにちはマイクロビジネス研究家の田中です。 前回、マネータライズの記事において、良い顧客を見つけることが収入をあげるために必要だということを書きました。 良い顧客とは、少ない労力でお金をくれる人ではありません。Win-Winの関係を保つことができる関係だと私は考えます。つまり、正しい対価を支払ってくれる客です。 昨今、ブラック企業というものが話題になっています。一人のサラリーマンにとって、就職先というのは唯一の顧客です。その顧客がWin-WInの関係を築こうとしてないこと。これが、私はブラック企業だと考えています。 サラリーマンの場合は、簡単に雇い主を変えることもできず他の雇い主との比較も容易ではありません。また、他の雇い主が雇ってくれるとも限りません。 つまり転職をしたほうがいいか、しないほうがいいかはその雇い主に依存しています。 唯一の顧客がホワイトであれば、その人は一生安泰です。ただし、その顧客がブラックであれば、さっさと職を変えたほうが良いです。 一般論として、あなたに選択肢が多いければ多いほどあなたが有利な選択肢を選ぶことができます。 増やすためには、より多くの人に知ってもらいます。具体的な方法としては、ブログ、ツイッターで自分をより多くの人に知ってもらう活動が必要です。 最初から質を上げるのは難しいので、量を増やせばあとで質をあげて行けばいいのです!

マネータライズについて

  • POST
こんにちは、マイクロビジネス研究家の田中です。 給与が少ないという人がよく言いますが、 その人は、何を基準にしているのですか? 自分と同じ能力を持つ人の給与を参考に少ないという発言なんでしょうか? でも、よく考えてみてください。能力をお金に変えることができないければ、意味のない主張だということに気づきます。 能力を現金を変換する能力をマネータライズと言います。 マネータライズするには! 同じ能力であっても、その会社がどんなビジネスをするかによってその人の能力をどのぐらい現金化できるかが決まります。それをビジネスモデルと言います。 つまり、同じ能力の人間であれば、良いビジネスモデルを持っている企業に入社すれば、高い収入を得ることができます。 例えば、銀行です。銀行の業務は、数百年前から主なビジネスモデルは変わりません。 つまり、お金を貸して、将来利息ををつけて返してもらうビジネスです。 かなり高いレバレッジがかけられてます。 かなり高い回収率の貸し出し先にしか貸し出しません。 また、このように良いビジネスモデルなので、汎用な能力でも十分高い収入を得ることができます。 しかし、一歩銀行を出れば、この高い収入を得ることはできません。 これは、ビジネスモデルによってもたらされた収入のため、別のビジネスモデルでは安い収入になってしまいます。 能力 x ビジネスモデル x 顧客 = 収入 高い収入を得るには、能力またはビジネスモデルのどちらかが良いことをする必要があります。 問題は、良いビジネスモデルの仕事は、競争率が高いということです。 そのため、良いビジネスモデルを得るのはとても難しいです。 もう一つ、良いビジネスモデルの仕事を得る方法があります。 それは、「造る」ことです。ビジネスオーナーになればいいのです。 これについては、どんな人間でも平等に権利があります。 能力がそれほど高くない人が高収入を得るには、ビジネスを造ることが手段の一つになります。 ビジネスモデルも作るのは難しいです。 もう一つ収入を増やす方法があります。それは良い顧客を持つ事です。良い顧客とは、労働者と顧客が一方的な利益を得るだけではなくWinWinの関係を築くことができる関係です。 それについては次の記事で記述します!

お金の魔力

  • POST
こんにちは、マイクロビジネス研究家田中です。 みなさん、お金を使っていますか?お金に使われてますか? お金を使うのとお金に使われるのは違いは、お金を使う人は、自分の意思決定にて、お金を使用します。 逆にお金に使われる人は、自分の意思を曲げてお金のために作業します。 世の中、お金のために作業する人が一定以上必要です。 そのため、その事自体を否定することはできません。 ただ、世の中はお金を使う人の方が有利にできていることは事実だと思います。 なぜなら、お金を使う人は、自分がやりたくない作業や価値の低い仕事をお金の力によって、お金に使われる人にやらせるからです。 お金を使う人は、お金に使われる人を使いさらに大きなお金を手にします。 自分は、どちらかというとお金に使われる立場の人間です。 早くお金を使う人間になりたい! お金を使う人は、必ず投資をしています。 なぜなら人は、人的リソースではそれほど稼ぐことができません。 そのため、お金→物(事)→お金というサイクルでお金を増やしていくことができます。 投資をすると言ってもお金持ちは、かなり高い確率でお金が増えることに投資をします。それが難しいんですけどね。 普通に投資しても、安定資産だと年利5%ぐらいが限界だと思っています。 5%だと、1億円ぐらいあってやっと金利で500万ぐらいです。 やっと人並みの生活ですね。 2億円で、1千万円です。これはいい暮らしができます。 今度は、逆に生活に必要な最低な金額を考えてみましょう。 独身の場合は、1月5万円ぐらいの安いところに住むとしましょう。 食費は1日千円ぐらい。あとは携帯電話やネットで、2万円ぐらい それに加えて年金や住民税を加えて15万円でキツキツですがやっていけるでしょうか。 15万x12ヶ月 = 180万 その他、特別出費も加えると200万円ぐらいでしょうか。 200 / 0.05 = 4000 4000万貯めると、年利5%で200万が手に入ります。 まずは、目指せ4000万!