Dellノートパソコンでセキュリティワイヤーが入らない!!

Dellノートパソコンの小さいセキュリティーワイヤーが入らない!

セキュリティワイヤーを購入したけど、ノートパソコンにはまらない!とお困りのあなたに記事を書きました。

私も今まで使用していたセキュリティワイヤーを新しいDellノートパソコンにセキュリティスロットに入れようとしましたが、、、入らず。

福岡のビックカメラやコジマ電気に行って必死に探しました。

でも、、、、私のDellノートパソコンのセキュリティスロットが小さすぎて入らない。
実店舗を探しても見つけられませんでした!

同じ悩みを抱えているあなたに向けて記事を書きます。

私もamazonで購入して実機で使えるを確認しました!

なお、Dellのノートパソコンだけではなく、HPのノートパソコンも同じサイズのセキュリティロットなので使用することが可能です!

本記事の信頼性

よーへい
  • 正社員リモートワーカー。リモートワーカー歴日本国内国外合計3年。
  • IT関連歴21年。プログラマ、ブリッジSE、プロダクトオーナー
  • 使用言語C++、Javaがメイン。PHP、Ruby、Pythonも経験あり。
  • PMP(Project Management Professional)。
  • ServiceNowの3種類。AWSクラウドプラクティショナー取得。
  • 海外生活合計6年
目次

セキュリティワイヤーが入らない理由

セキュリティワイヤーは、ノートPCにある穴(これをセキュリティスロットと呼びます。)に入れられるサイズに対応している必要があります。

セキュリティスロットは、ケンジントンスロットと呼ばれることもあるそうです。

しかし、、最近のDellノートパソコンはそのセキュリティロットが小さい小さい。

そのため、一般の量販店で売っているセキュリティワイヤーは使えません

セキュリティスロットの種類

下記にセキュリティスロットのサイズと名称を記載しました。

ただし、名称については、特に決まりはなく参照するページにより異なる名称になっています。そのことが更にセキュリティワイヤーを探すのを難しくしています。

セキュリティスロットのサイズと名称

  • 標準(ケンジントン)スロット (3mm x 7mm)
  • Nano Saverスロット (2.5mm x 6mm)
  • Noble Wedgeスロット (3.2mm x 4.5mm)

Dellノートパソコンのセキュリティスロットは、Noble Wedgeスロットです。

そのため、Noble Wedgeスロットに対応するセキュリティワイヤーを購入する必要があります。

ビックカメラやコジマにも行きましたし、Amazonや楽天で調べました!

でも、何がNoble Wedgeなのか非常に分かりづらい!!

検索して出てきたセキュリティワイヤーの詳細を見ると、Nano Saverスロット用だったりします。

結論これです!私の購入金額はAmazonで購入して2800円でした。

購入したセキュリティワイヤー

私も下記のPC用にセキュリティワイヤーを購入しました!

私が確認しているノートPCは、下記の2つです。

  • Dell Vostro notebook 5510 15.6 インチ

Dellの全部のPCの対応表は下記のリンクにありました。

Vistro notebook5510は「確認中」なっていますが、事実入り問題なく使えます。

https://www.sanwa.co.jp/support/list/html/security_slot/dell.html#Vostro

HPのノートパソコンもNoble Wedgeサイズです。本セキュリティワイヤーをご使用ください。

私が購入したセキュリティワイヤー(サンワサプライのSLE-36S)

袋を上げた画像
黒いのはPCを傷つけないようにするパッキンみたいです。つけてもつけなくても良い。

PCに取り付けた形

セキュリティワイヤーが接続できない型番もある

最近は、セキュリティスロットそのものが存在しないノートPCも存在するので注意が必要です!

下記の13.3インチのDell用のノートPCはセキュリティスロットがない

  • Dell Vostro notebook 5510 13.3 インチ

セキュリティスロットがないPCについては、本体に糊付けしてセキュリティスロットを無理やり作る商品もあります。

本体に糊付けしてしまうので、そういうことに気になる人は使えません。

トレネという近くに所有者がいないときに振動を与えるとアラームが鳴るという製品がある。

しかし、第三者が片付けやテーブルに足が当たったりして、悪意がなく振動してアラートがなってしまった場合に、対応に困りまそうです。

セキュリティワイヤーの必要性

ノートPCが盗まれた場合、様々なリスクが生じます。以下はいくつかの例です

  • 個人情報の漏洩:PCに保存されている個人情報、クレジットカード番号、パスワードなどが不正にアクセスされる可能性があります。
  • 秘密情報の漏洩:ビジネスに関連する機密情報、プロジェクトの詳細、その他のセンシティブな情報が不正アクセスされる可能性があります。
  • 不正アクセス:PCが盗まれた場合、不正なアクセスが発生する可能性があります。これにより、発生する被害を最小限に抑えることができます。
  • ファイルの消失:PCが盗まれた場合、保存されていた重要なファイルが消失する可能性があります。

セキュリティワイヤーは物理的にノートPCに接続して盗難を守ってくれます。

リモートワーカーや外で仕事をする人にとっては、セキュリティワイヤーは絶対必要です。

ノートPCを盗まれたらPCに保管されている大事な情報を失ってしまいます。また、人に見せたくない情報なども見られてしまう可能性もあります。今の社会では、情報漏洩は、個人や会社の信用に響きます。

私はセキュリティワイヤーをつけれない場合は、トイレにノートPCを持っていきます。

ノートPCを盗まれたくない理由は、ノートPCが高価だからというだけではなく、ノートPCに入っている様々な個人情報が存在するからです。一度失った信用は取り戻せません。

私はセキュリティワイヤーを2800円で購入しました。

たった2800円で盗難防止もしくは盗難の手間を少しでも増やせるのであれば、安いものです。必ず購入をオススメします。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございます。

これからもリモートワークのプログラマーに有益な情報を提供していきたいと思います。

この記事で興味を持っていただいた方は、是非Line公式アカウントにも登録お願いします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

こんにちは、「リモートワークエンジニアの日々」を運営しているよーへいです。

このサイトの基本思想は、実際の体験をもとにリモートワークのメリットやデメリットを伝えることです。

コメント

コメントする

目次