2019年9月18日 作成

こんにちは、マイクロビジネス研究家の田中です。 サイトの管理者画面を簡単に構築できるサイトを紹介します。 https://2019.quickadminpanel.com/

Laravel5.6、Laravel5.7、Laravel5.8、Laravel5.9、Laravel6.0に対応しています。

アプリの概要

サイト開発者だけではなくフリーランサーにも提供を想定しています。

このサイトに年間金額を支払い契約をすると、管理者画面を作成するサイトの ログインとパスワードを入手することができます。

そして、管理者画面を作成するサイトにて、Laravelサイトのデータベースの構造およびそのリレーションをウェブインターフェイスのGUIで入力していきます。

また、各種モジュールも存在するので、お好みによりモジュールを追加します。

追加後は、ダウンロードを実行すると、Laravelのソースファイルがダウンロードできます。

そのソースファイルを展開して自分のサイトにコマンドをインストールすれば、管理者画面を使えます。

アプリの現状

2016年の8月19日
初めての有料会員と契約!
この会員とは2019年9月の現在までいい関係を続いています。
→ 2019年9月に年間$199.99で3年契約をしたそうです。

2016年
売上は、$415

2017年
売上は、$14,000

2018年
売上は、$27,000

https://www.indiehackers.com/product/quickadminpanel

価格

1回作成の金額 $59.99 1年間使い放題 $199.99

どちらも14日間の無料お試し期間あり!

体験してみた感想

Laravelのサイトを持ってなかったので、今回は使用できませんでした。。。。

所感

私の評価は。。
Image

管理画面は、サイトのメインページに比べて要求が狭いため、汎用的に作れることから生まれたアイディアだと思います。

サイトを運営する上で、管理者ページはなるべくコストをかけたくないと思う運営者が多いと思うので、そういう運営者のニーズを拾っているビジネスです。

自社のサイトの管理画面を作る場合は、$59.99で管理画面を作る工数を削減できると思えば、十分に元は取れると思います。

フリーランスの技術者が購入する場合は、管理者画面を作る仕事を専門で請えば、スクラッチで作るより圧倒的にリッチな管理者画面を顧客に提供可能です。