成田空港で唾液PCR検査を受けた話

成田空港で唾液PCR検査を受けた話
Page content

2020年8月5日マレーシアから日本に帰国しました! 2020年の現在、コロナが世界で猛威を奮っています。

私の体験が今後日本に帰国する方の参考になればいいなと思い その時の体験を書きました!

事実どうだったのかを淡々と記していきます。

朝5時から夜21時まで飛行機での移動を含めて15時間かかりました。(時差分1時間マイナス) 飛行機に乗っている時間は7時間30分なので、ほぼ倍の時間がかかっています。

クアラルンプール空港から成田空港

8月4日(前日)

マレーシアのクアラルンプール国際空港KLIAに直結しているSamaSamaホテルに滞在

8月5日 4時30分

そのままホテルをチェックアウト
SamaSamaホテルは空港に直結していますが、空港まではバギーがあります。 バギーに乗りKLIA1の空港まで移動

7時00分

ANA飛行機に搭乗
案の定中はガラガラ

image

飛行機の中では、客室乗務員の方がマスクおよびアイマスクをつけていたということ以外特に変わりはありませんでした。

搭乗すると下記の一人2枚の書類が渡されます。 搭乗中に内容を書き込みます。
不明な箇所はあとで対面で担当者が修正してくれます。
一旦わかっている部分だけ記入すればOKです。

image image

15時30分

成田着陸 一度、着陸直後、降機しようとしましたが、機内に戻される PCR検査待ちの方が多いと言うのが理由でした。 機内で待っている間はビデオを継続してみることが可能でした。

16時

通路に椅子が並べられています 通路の椅子で待機

image

16時55分

担当者に機内で配られた書類を私チェックしてもらいます。
この時点で名前が印字された試験管が準備されています。

17時

唾液PCR検査用の試験管を渡されます。 担当者にブースを指定されます。 指定ブースで唾液を採取して担当者に渡す。

ブースには、レモンと梅干しの絵が書いてありました!

image

17時10分

再度、別担当者にて書類の確認 待合室で待ちます。

待合室には、水とお菓子が置いてあり、誰でも無料でいただくことができます。
セブーレと言うお菓子が美味しくてはまりました!

ここで、明日のレンタカーの予約と当日泊まるホテルの予約をしました。 電話で予約状況を確認したところ空きはありそうでした。

レンタカーは、前日に予約できたニッポンレンタカーを借ります。 乗り捨てを選択したのでレンタカーは1万円を超えてしまいました。

ホテルは、東武ホテルエアポートを予約しています。
ホテルはAgodaで予約しています。
不幸中の幸いでGoToキャンペーンでホテルは30%引きになりました!

本来は結果が出てからの方が確実だが、待っている時間を利用して予約したかったのでここで予約しました。

支払った金額
東武ホテルエアポート 8,828円
レンタカー(8時時間) 12,980円

巡回バスが無料で行ってくれるホテルの一覧 image

19時

PCRの結果が出たと言うことで、出口に移動

家族全員 陰性でした! そのまま入国審査をしました。

20時

当日PCR検査を受けて陰性だった人用の巡回バスがあります。
北口のN3出口を出て30分程度待ちました。

image

バスは陰性だった人が乗ると言うことで特に座席にビニールとはしてませんでした。

image

21時

東武ホテルエアポートに到着 特に問題なくチェックイン チェックイン後に下のコンビニで冷やしたぬきとどんべいを買って家族で食べました。

22時

就寝