セミリタイアに必要な資産とは

セミリタイアに必要な資産とは
Page content
2020年5月13日

セミリタイアに必要な資産を知りたい人向けに記事を書きました!

セミリタイアに必要な資産は?

という問題に私なりに考えて記事にしました!

セミリタイアに必要な資産は3000万円

日本の平均年収441万円を配当収入で得るためには、 年利4%で運用すると想定すると、11,025万円必要です。

日本の平均年収は441万円を基準に、必要な金額を試算しましたが、 本当に441万円必要でしょうか?この金額を下げることができたら、セミリタイアに必要な金額も下げることができます。

まずは、月に必要な金額を計算してみましょう。
下記は私の例です。結婚して子どもが一人います。

 科目  必要な金額
家賃 100,000
食費 50,000
日用雑貨 40,000
医療費 10,000
洋服代 20,000
教育費 50,000
社会保障費 16,667
国民年金 32,820
光熱費 20,000
通信費 10,000
支出合計 349,487

学費については、全て公立だとして、概算5万円とします。

独身の場合、お子様がいない場合は更に必要な金額は下がります。
逆に、お子様がお二人の場合は、更に上がります。

上記は、完全リタイアをする場合です。
セミリタイアの場合は、労働を続けることが前提なので、配当収入以外に労働収入も計算することができます。

プログラマーであれば、週3日働いて、月手取り20万を得ることは現実的です。

労働収入だけではなく、アプリの開発やブログなど自分の事業(ビジネス)を育て収入を得ましょう! 毎月5万円を目指しましょう。

労働収入だけではなく自分で事業をもち収入を得ることが重要です。
自分の事業からの収入はうまくいけば青天井で膨らむ可能性を持ちます。
なお、自分の事業から5万円以上稼げる場合は、旅行や贅沢品に使うのも良いと思います!

それ以外に生活に必要なお金を配当金で得るとします。

 所得の種類  月所得
労働所得 20万
事業所得  5万
不労金所得 10万
合計 35万

試算すると、月で10万円を配当収入で得ることができればセミリタイア可能です!!

年間120万円を配当収入として得るためには、利回りを4%と仮定すると、3000万円の試算が必要です。

なお、アメリカのSPYDの現在の配当利回りは、6.74%です。
税金を考慮しても4%以上の配当利回りは確保できそうです。

事業所得を上げるためにブログを始めたい方はこちらを参照してください!
WordPressブログの始め方

私に置き換えて考えます。
労働所得20万円は達成可能に思います。 事業所得5万円については、正直今のブログやアプリの収益からすると遠いですが、、、頑張ります。 配当金所得10万についても積み上げていけば達成可能だと思います。

やはり1番のネックは事業所得です。
ブログ及びアプリ開発頑張ります!

最後に

私はセミリタイアを目指しています。今はだいぶ準備が出てきた状態です。

この記事が役に立ったと思った方や一緒にセミリタイアを目指したいと言う方は、是非twitterのフォローをお願いします。
https://twitter.com/tanakayohei3