2019年9月14日 作成

こんにちは、マイクロビジネス研究家の田中です。  

Apisentrisは、任意のクラウドデータベース(MySQL,PostgreSQL,MongoDB,Google BigQuery)をAPIで簡単に操作できるようにするサイトです。 https://apisentris.com/

アプリの概要

Apisentrisでアカウントを作成します。 ログイン後、ダッシュボードにてデータベースを登録することができます。
登録後は、ApisentrisのURLおよびAPIを通して、間接的にあなたのデータベースに接続することを可能にします。

image

メリットとしては、テーブルを作るごとにAPIを作る手間を省けます。 デメリットとしては、セキュリティ面が弱いという点です。
クラウド上のデータベースをApisentrisから参照できるようにする必要があります。

アプリの現状

現在の収入は、$59です。

2019年2月14日
初の有料会員

2019年8月7日 2人目の有料会員

2019年9月18日 3人目の有料会員

引用元

https://www.indiehackers.com/product/apisentris

価格

Personal
$9.99/月

Startup
$19.99/月

Growth
$39.99/月

体験してみた感想

登録してログインすると、New Connectionが選択できます。
New Connectionを選択すると、下記の項目を入力するフォームが表示されます。

  • データベース種類
  • Host
  • Port
  • データベース名
  • Username
  • Password
  • Label

所感

私の評価は。。
Image

任意のデータベースを自作でAPIを作らずに簡単にAPIで操作できるようになるのは面白いアイディアだと思います。
ただ、複雑なレコードを登録しようとするとSQLのベタ書きに近くなります。
その場合、セキュリティが良くなく大きいプロジェクトには使えないような気がします。
APIを作る手間を省けるというメリットの他にもう一つ大きいメリットがあれば思います。
全体的には惜しいサービスだと思います。