自己紹介

自己紹介
Page content

このサイトについて

こんにちは、「STEPNの日々」を運営しているよーへいです。

このサイトの対象者

こんな人を想定して運営しています。

  • 暗号資産(仮想通貨)に興味がある
  • NFTに興味がある
  • 最新のテクノロジーを試したい人
  • 家族がいて大きな損失は出せない

このサイトのコンセプト

本サイトは、暴騰暴落が激しいテック投機を
安全に楽しもうというコンセプトで運営しています。

本サイトのルールは下記の通りです。

  • 投機資金は、資産の100分の1までにする
  • 妻に内緒にしない。内緒にする時点で正しくない
  • 確実に儲かることはない。常に破綻のリスクがある
  • 一度失った信頼は戻らないことを肝に命じている

資産の100分の1を超えて20分の1までの場合は下記のことを考える。

  • 投機する前に損切りのラインを決める(逆指値は絶対)
  • 問題が発生した時は全力で引き下がる
  • 常に最悪の状況に対しての行動を事前に決めておく

20分の1以上になる場合

  • 貴方は危険です。投機はやめましょう。

投機資金は、資産の100分の1までにする
5万円の投機をするなら500万円の資金を持っていることが条件です。

100分の1目安です。私が想定している失っても生活が困らない額です。
100分の1も投機できないと言う方は、ご自分の使える範囲で楽しんでください。

安全に楽しもうというコンセプトの理由ですが、
私自身自分の身の丈を超えた投機を行い失敗したからです。

STEPNというアプリで22日間で190万円ものお金を失いました…

もちろんそんな投機は楽しい訳はありません。
みなさんにも同じ思いはしてほしくない。

安全に安心に楽しめるサイトを目指しています。

このサイトでは、本当に私が良いと思うサービスややり方を提供していきます。
このサイトは、広告収入をするためにリンクは貼っております.

ただし、
アフィリエイトの報酬のみを目的にしているわけではありません。

その理由で、アフィリエイトの報酬が低くても
良いサービスであれば積極的に記事にします。

逆にアフィリエイト報酬が高くても
悪いサービスは記事にしません。

作成者について

このサイトを作成・運営している人の紹介です。

通称: 仮想通貨でFIREを目指すプラグラマー
生息地: 福岡
出身地: 神奈川県
年齢: 40代
趣味: プログラム開発/Youtube/読書 + 最近筋トレ
仕事: 日系ベンチャー企業勤務
家族: 妻+11歳の女の子

是非、Twitterのフォローをお願いします。

誰か私のイラスト描いていただける人募集中です。
予算1万円でお願いします。ポートフォリオお願いします。

作成者はどんな人生を歩んできたのか?

【幼少期】
私立の幼稚園に通うゲーム好きな子供でした。

6歳ぐらいの時、父の仕事の都合で、オーストラリアシドニーの外れのイーストゴードンに移住。

今は分かりませんが、当時のイーストゴードンは駅前こそ少し発展していましたが、それ以外は普通の住宅地でした。 現地の幼稚園に通いました。当時は英語教育もしてなったが、子どもだったこともあり、現地の子どもと馴染んで遊んでいました。

毎朝、家の前から幼稚園行きのバスが出ていてそれに乗って幼稚園に通っていたことを覚えています。

なぜか、その時使っていた緑色のランチボックスと、かなり背の高い女性の先生だったことをいまだに覚えています。しかし、それ以外の記憶はありません。

父の任期も10ヶ月で終わり小学校に上がる前に日本に戻りました。

【小学期】

家から15分ぐらいの公立の小学校に通ってました。

背は小さく背の順では、1番目もしくは2番目が定位置でした。 今思い返せば、コンプレックスだったと思います。

今も162cmなんで小さい方だと思いますが、当時ほど自分が小さいことを感じなくなったと思います。

海外で働いていれば女性も男性もいますし、国によっても背の高さがぜんぜん違うので、あまり背の高さを期にすることがなくなったんだと思います。

略歴

2022年5月

STEPNの投機により190万円もの損失を出す。
妻にも子どもにも迷惑をかけながら、安全第一のテック投機に目覚める。

2021年

福岡に拠点を移す

2020年

マレーシアに在住しながら、日本企業にリモート勤務

2019年

ベトナム拠点にビジネス推進のため移籍

2015年 6月

マレーシア拠点に開発者として転職
後に現地責任者COOとして拠点を運営

2003年 4月

C++開発者として11年間、電気系CAD開発に従事
その間に、グローバルサポートとして3年間従事
アメリカのボストン州に1年半赴任