マネータライズについて

  • POST
こんにちは、マイクロビジネス研究家の田中です。 給与が少ないという人がよく言いますが、 その人は、何を基準にしているのですか? 自分と同じ能力を持つ人の給与を参考に少ないという発言なんでしょうか? でも、よく考えてみてください。能力をお金に変えることができないければ、意味のない主張だということに気づきます。 能力を現金を変換する能力をマネータライズと言います。 マネータライズするには! 同じ能力であっても、その会社がどんなビジネスをするかによってその人の能力をどのぐらい現金化できるかが決まります。それをビジネスモデルと言います。 つまり、同じ能力の人間であれば、良いビジネスモデルを持っている企業に入社すれば、高い収入を得ることができます。 例えば、銀行です。銀行の業務は、数百年前から主なビジネスモデルは変わりません。 つまり、お金を貸して、将来利息ををつけて返してもらうビジネスです。 かなり高いレバレッジがかけられてます。 かなり高い回収率の貸し出し先にしか貸し出しません。 また、このように良いビジネスモデルなので、汎用な能力でも十分高い収入を得ることができます。 しかし、一歩銀行を出れば、この高い収入を得ることはできません。 これは、ビジネスモデルによってもたらされた収入のため、別のビジネスモデルでは安い収入になってしまいます。 能力 x ビジネスモデル x 顧客 = 収入 高い収入を得るには、能力またはビジネスモデルのどちらかが良いことをする必要があります。 問題は、良いビジネスモデルの仕事は、競争率が高いということです。 そのため、良いビジネスモデルを得るのはとても難しいです。 もう一つ、良いビジネスモデルの仕事を得る方法があります。 それは、「造る」ことです。ビジネスオーナーになればいいのです。 これについては、どんな人間でも平等に権利があります。 能力がそれほど高くない人が高収入を得るには、ビジネスを造ることが手段の一つになります。 ビジネスモデルも作るのは難しいです。 もう一つ収入を増やす方法があります。それは良い顧客を持つ事です。良い顧客とは、労働者と顧客が一方的な利益を得るだけではなくWinWinの関係を築くことができる関係です。 それについては次の記事で記述します!

お金の魔力

  • POST
こんにちは、マイクロビジネス研究家田中です。 みなさん、お金を使っていますか?お金に使われてますか? お金を使うのとお金に使われるのは違いは、お金を使う人は、自分の意思決定にて、お金を使用します。 逆にお金に使われる人は、自分の意思を曲げてお金のために作業します。 世の中、お金のために作業する人が一定以上必要です。 そのため、その事自体を否定することはできません。 ただ、世の中はお金を使う人の方が有利にできていることは事実だと思います。 なぜなら、お金を使う人は、自分がやりたくない作業や価値の低い仕事をお金の力によって、お金に使われる人にやらせるからです。 お金を使う人は、お金に使われる人を使いさらに大きなお金を手にします。 自分は、どちらかというとお金に使われる立場の人間です。 早くお金を使う人間になりたい! お金を使う人は、必ず投資をしています。 なぜなら人は、人的リソースではそれほど稼ぐことができません。 そのため、お金→物(事)→お金というサイクルでお金を増やしていくことができます。 投資をすると言ってもお金持ちは、かなり高い確率でお金が増えることに投資をします。それが難しいんですけどね。 普通に投資しても、安定資産だと年利5%ぐらいが限界だと思っています。 5%だと、1億円ぐらいあってやっと金利で500万ぐらいです。 やっと人並みの生活ですね。 2億円で、1千万円です。これはいい暮らしができます。 今度は、逆に生活に必要な最低な金額を考えてみましょう。 独身の場合は、1月5万円ぐらいの安いところに住むとしましょう。 食費は1日千円ぐらい。あとは携帯電話やネットで、2万円ぐらい それに加えて年金や住民税を加えて15万円でキツキツですがやっていけるでしょうか。 15万x12ヶ月 = 180万 その他、特別出費も加えると200万円ぐらいでしょうか。 200 / 0.05 = 4000 4000万貯めると、年利5%で200万が手に入ります。 まずは、目指せ4000万!

子どもから尊敬されてますか?

  • POST
こんにちはマイクロビジネス研究家田中です。 突然ですが、みなさん子どもから父として尊敬されていますか? 私ごとですが、全然尊敬されていないように見えます。 自分の場合 私には8歳になる娘がいます。 娘は、父をただの遊び相手としてしか見てないようです。 ただ、娘がのびのびして生活できているのは嬉しく思っていますが、反面ここぞという時の叱りが娘には効かず困ることもあります。 子どもにとっては状況に応じて態度を変えことは不可能なので、常日頃からの態度が重要なのだと痛感しております。 浮かんだ疑問 と反省はしつつ、父への尊敬は必要なのかという疑問を考えてみました。 自分の父は、昔ながらの人で、料理洗濯家事は一切せず土日は朝から政治系のテレビをみてのんびり過ごすのが常でした。また、平日は主に野球をみていました。話は少し反れますが、野球を毎日みている人は、内容を覚えているのだろうかといつも疑問に思います。自分に置き換えてみると、子どもの頃は、自分は父を尊敬してたのか、恐怖を抱いていたのかはっきり分かりません。 しかし、大人になっていく過程で自分の父や母、先輩、同僚、後輩に対して敬意を抱くようになったと記憶しています。 つまり、大人になって、初めて他者に対して、尊敬という概念を持ったと思います。 結論 (12歳ぐらいまでの)子どもにとって、本質的な尊敬の概念はないのではないでしょうか?逆に尊敬と考えているのは恐怖に近い感情だと思います。 なお、娘としては妻が恐怖役をしています。(それも最近言い返しが多いですが…)夫婦2人に対して恐怖を感じるのは娘にとってかわいそうなので、今私が尊敬されてなくてもいいかと思っています。

与えるということ

  • POST
こんにちは、マイクロビジネス研究家の田中です。 与えるということ 与えるということ 欲しいと思った時は与えることから始めよう by 無名の賢人 お金持が欲しい。 車が欲しい。 家が欲しい。 家族が欲しい。 私は常に要求しています。 なので、何も手に入れることはできません。 全ての始まりは、相手に与えることから始まります。 アマゾン、アップル、フェイスブックは、始めからお金を持っていた訳ではありません。 50年前には全てなかった会社です。 でも、わたし達は、彼らから幸せを教授しています。 私が使用しているMac book Proは、50年前には考えられないほど高性能です。 そんな高性能なパソコンを設計や製造までしてくれたアップルには感謝です。 アマゾンは、私たちの生活をより豊かにしてくれました。 お店にも行かなくても家で買い物ができます。また、アマゾンは様々なインフラを 提供してくれています。そんなアマゾンに感謝しています。 彼らみたいにまずは与えよう。 そしたら、自分も何かを手に入れられます。 ブログを始めた時、私はお金を稼ぐことしか考えてなかった。 でも、そんなブログには人は来ません。 人は何かを求めてブログを見にきます。 与えなければ、もらうことはできません。 ブログを人気にしたければしないといけない事は一つです。 自分は人に何を与えられるのだろう 自分の特徴は何でしょう? 私はプログラマーです。 私は出張でベトナムによく来ています。 私はマレーシアに住んでいます。 私は結婚しています。 この中で人に役に立つ情報は何でしょうか? プログラミングの知識 マレーシアの情報 ベトナムの情報 結婚の情報